でもキラキラ見えんだよ

KinKi Kidsが熱いジャニオタの日記です。適当に書いてますんで適当に読んで適当にしといてください。

今更、SMAPの話

なんかHOTな時期にこれを書く勇気がなかったので、彼らの話題が一度落ち着いた今、SMAPのことを書いてみたい。

まあ一言で言えば、私が一番最初に好きになったジャニーズはSMAPだ。お金もろくに持っていないし、ネットもよく分からない小・中学生時代は熱心なSMAPの茶の間ファンだった。あれから、色んなグループ担を経て、SMAPと繋がりがあるキンキを追っかけるようになったりして、そして20歳を迎えた今、ようやくあの5人の本当の凄さが分かってきた気がする。

大学生になってバイトを始めたり、幅広い世代と関わるようになって知ったことだが、世の中って「ジャニオタじゃない人間」の方が圧倒的に多い。(当たり前だ)でも、中学も高校もあまりに狭い世界で、同じような趣味を持った集団で過ごしていると、案外これに気がつかないのだ。ジャニーズの顔の見分けがつかない、嵐が5人分からない、みたいな人って、案外普通にいる。それでも皆、SMAPだけは知っている。

最近、「学校の授業プリントにジャニーズが……!!」みたいなツイートをよく見かけるけど、塾講師をやってる私の体感だとジャニーズではSMAPを題材にする教員が圧倒的に多い。教員の世代もあるだろうけど、それでも英文法のワークの一環で「SMAP5人の顔を書いてみよう」みたいな指示が出て、ジャニオタでもなんでもない中学生が当たり前のようにイラストを5つ書いている事実には、敵わないな、と思わざるおえない。

スマスマの最終回が放映されたあの日、私のジャニ垢のTLは凄かった。でも同じくらい、リア垢のTLも凄かった。ジャニ垢とは違い、たった1夜の出来事だが、それでもジャニオタでもなんでもない多くの大学生がSMAPに想いを馳せていた。他グループの誰かが熱愛したり、脱退しても、何も言わなかった人達が。バイト先の上司にいたっては、過去のスマスマ動画を見漁ったと言っていた。こらも、たった一夜の出来事だろうが。

結局、ジャニーズってファンにとってはそれなしには生きていけない大きな存在だけど、そりゃ興味ない人の方が多いし、どうでもいいと思っている人の方が多いのだ。だけど、そんな人達にもSMAPは周知されている。その凄さに、私はようやく気がついた。国民的アイドルって、皆から好かれるアイドルじゃない。皆が知っているアイドルのことなのだ。そんなことを皮肉にも、今回の騒動に私は教えてもらった気がする。

SMAPが解散して、もう3ヶ月が経とうとしている。「なんで」なんて思わない。派閥とか裏の事情よりも、私はずっと、悲しい、悲しい、悲しい、寂しい。そんな思いばかりある。だけどそれは、きっと私がスマオタで、ジャニオタだから。きっと大抵の人はもう、何とも思っていない。だけど、「SMAP」と聞けばば当たり前のようにあの5人の顔を思い浮かべる。それだけで凄いし、敵わないと思うのだ。